Search
Category
Recommend
Recommend
ファミスタ’89開幕版 完全攻略マニュアル
ファミスタ’89開幕版 完全攻略マニュアル (JUGEMレビュー »)
ヨルカ・ヘッドルーム出版
スタミナ消費の記述は正しかったような...
Recommend
ファミスタ’89開幕版!!必勝攻略法
ファミスタ’89開幕版!!必勝攻略法 (JUGEMレビュー »)

スタミナ消費の記述は間違ってたような...
New Entries
Recent Comment
Links
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSS ATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ブログランキング PCゲーム
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
Sponsored links
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
走力の指針
GOROさんの掲示板に走力の話題が上がったので、
私のファミスタ89への反映方法をば。
と言っても、毎年試行錯誤していて今年はこれになりました。

盗塁率(%)=(盗塁SB+盗塁死CS)÷ 出場試合数G × 100 を算出

例:1972 福本豊   (106+25)÷122=107.4%(NPB記録)
  1982 ヘンダーソン(130+42)÷149=115.4%(MLB記録)
  2004 赤星憲広  ( 64+12)÷138= 55.1%  
  2010 本多雄一  ( 59+21)÷144= 55.6%
  1986 今井譲二  ( 17+ 3)÷ 46= 43.5%(代走専門で打席数は2)
  2013 陽岱鋼   ( 47+10)÷144=39.6%


1/1 =100% ぴのクラス
1/2 = 50% 盗塁王クラス
1/4 = 25% 俊足
1/8 = 13% 盗塁◯(Mayutch氏パッチ)
1/16= 6% 平均の上
1/32= 3% 平均
1/64= 2% 平均の下


これが大雑把な区分け。ここに盗塁死の多さを補正している。
分母が2の累乗で区分けしているため、この値に×128(=2^7)し、エクセルで2が底の対数をとって分類。
7(ぴのクラス)〜4(盗塁◯)の全野手にMayutch氏の盗塁パッチを適用した。




 
posted by: famista89 | ファミスタコラム | 23:21 | comments(4) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:21 | - | - |-
ようやく「燃えプロ'14」の夏版を(Ver.0.1)を公開しました。
よろしくお願いします。

今作のためにオールスター時点の選手成績を収集したので、
Speed Score(5要素のうち最低を除く4要素の平均値)を
一応算出してみました。

その結果、ベスト10は以下のように↓

L 斉藤彰吾 10.0
M 荻野貴司 9.4
F 杉谷拳士 9.1
G 鈴木尚広 9.1
F 谷口雄也 9.0
C 天谷宗一郎 8.9
F 西川遥輝 8.8
L 金子侑司 8.7
S 上田剛史 8.5
G 藤村大介 8.5

L斉藤が何と満点!
出場機会が少ない場合、パラメータの振れ幅が大きくなる問題点は
ありますが、それを差し引いてもなかなか凄いのではないでしょうか。
| GORO | 2014/08/05 3:04 AM |
>「燃えプロ'14」の夏版
ご連絡ありがとうございます&
お疲れさまです!

>Speed Score ベスト10
この中では唯一、F西川が規定打席クリアどころか、
皆勤で頑張っていますね!
L斉藤はこの中では圧倒的にSLGが高く、
総合的に加算されたのでしょうね。

夏版データ見せてもらいましたが、
出場機会などで補正されているようですね!
| もいじー | 2014/08/05 9:39 PM |
ありがとうございます(^^)

>F西川
確かに一人だけ打席数が圧倒的に多いですね。
ちなみに、F西川とL斉藤のSpeed Scoreを比較すると以下の通りです。

選手        F西川 L斉藤
f1(盗塁成功率)   7.0  6.3
f2(盗塁企図率)   7.7 10.0
f3(三塁打の多さ) 10.0 10.0
f4(生還率)     7.5 10.0
f5(併殺打の少なさ)10.0 10.0

全選手の算出結果を見てみると、f2〜f5では10点満点が頻出するのに比べ、
f1は格段に厳しいですね。最高でもM荻野の7.7です。
f1の算出方法を見直すか、f1の重み付けを増す必要があるかもしれません。

>出場機会などで補正
走力は
 (a) ベスプレの足パラメータ
 (b) やきゅつくの走力パラメータ
 (c) 今年と去年の盗塁数
から求めています。
※(b)のデータが無い場合は(a)から値をざっくり設定。

(c)により、結果的に出場機会の少ない選手は走力が抑えめになります。
L斉藤は(b)もあまり高くなかったので、走力8とイマイチ(今作の最高は11)。
逆にF陽岱鋼は、(b)の高さと、去年の盗塁数のおかげで走力11になっています。
| GORO | 2014/08/07 12:05 AM |
なるほど(c)の過去2シーズンを使うというのは考えがなかったです。工夫されてますなぁ〜。

走力査定はなかなか難しいですよね。
今後は実際の得点に対する貢献度で反映させたいと考えてきているため、この得点との相関度が高そうなパラメータを探すことを主眼として試行錯誤中。

現在考えているのは↓もいじーの名前から飛べるリンク先のもの。SpeedScoreについても述べられています。GOROさんもチェック済みかもしれませんが。

ここで述べられた「走塁得点率」が、自分がぼんやり考えていた実際の得点に対する貢献度としての各チームの「wRCと実得点との差」とそこそこ相関関係が見れたのでこれを元にしようと検討中。ただしこれ、盗塁の多さや成功率とは相関が似てこなかったですね。

今年はどうしようかなぁ。毎度ネタご提供ありがとうございます(笑)
| もいじー | 2014/08/08 5:41 AM |









この記事のトラックバックURL
http://famista89.jugem.jp/trackback/41
トラックバック